即位礼正殿の儀からの思い

昨日の
「即位礼正殿の儀」は
暦をしる立場としても興味深い事が
たくさんありました。

100年以上前の
実家の五月人形。

いろいろな道具も並んでいますが、
その謎も昨日の儀式で解明。

旗の印は「太陽と月」
だったのですね。

太鼓にも昨日の儀式と
同じように「三つ巴」の印があります。
現在・過去・未来。

 

 

ますます、
日本のことが知りたい!
暦を読み解きたい。

 

そう思えた一日でした。

 

ーーーーー

アドバイスシートでは
暦を取り入れて
幸せになっていく方法を
カスタマイズいたします。

吉方位旅行アドバイスシート

 

関連記事

  1. どうして「体暦」なのか。

  2. 二十四節気・七十二候 第十二候「雷乃発声」

  3. 「立春招福ツアー」

  4. 二十四節気・七十二候 第十七候「霜止出苗」

  5. 二十四節気・七十二候 第二十二候「蚕起食桑」

  6. 二十四節気・七十二候 第二十一候「竹笋生」

  7. 立春まで100日の魔法

  8. 二十四節気・七十二候 第二十候「蚯蚓出」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。