七十二候「魚上氷」

暦と旅と体の専門家 永橋幸子です。

また一つ、季節が進みます。
2020年 2/14から2/18頃までの
七十二節気は

「二十四節気・七十二候」第三候
魚上氷
(うおこおりをいずる) 
割れた氷の間から魚が動き始める頃

 

 

 

少しずつ春の予感が感じられますが。
急に冷たい風が吹いてきたりと不安定な季節です。

寒いとどうしても背中が丸まりがちです。
肩を回すなど意識して動かしましょう。

 

旬の野菜の一つに

明日葉(あしたば)があります。

江戸時代にも
滋養強壮に良いと食べられていたそうです。

 

冬から春への移り変わり、

ご自分の体を大切にしましょう。

 

 

暦がわかると
チャンスを掴みやすくなります。
欲しい運気を取りに行く行動もできるようになります。

「こよみすと1Day講座」
1日で暦や九星氣学の基本が学べます。
50,000円 テキスト・暦付き
詳細はコチラ↓
http://sachiyose.ocnk.net/product/116

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第十八候「牡丹華」

  2. 春を迎える「立春」の準備をしましょう。

  3. たんぽぽ,七十二候

    七十二候 第十候「雀始巣」

  4. 二十四節気・七十二候 第十三候「玄鳥至」

  5. 私の色って?

  6. 二十四節気・七十二候 第十六候「葭始生」

  7. 二十四節気・七十二候 第二十二候「蚕起食桑」

  8. 神様との出会い方

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。