第七候「蟄虫啓戸」

からだ暦st ながはしさちこです。

 

2019年3月6〜10日の季節

二十四節気:啓蟄

七十二候:蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
「地中の虫が外にはい出すころ」

冬ごもりをしていた虫たちが
出てくる頃です。

 

この時期の雷を
「虫だし雷」と言ったそうです。
雷の音に驚いて虫が出てくる
イメージが感じられたのでしょう。

日本人の想像力と言葉力は
本当に素敵です。

 

旬の食材は「若芽」
是非、生のワカメをいただきましょう。

 

「椿」の花が
開運のお花です。

 

お散歩で見つけてみましょう。
幸せを運んでくれるお花です。

 

 

関連記事

  1. 立春まで100日の魔法

  2. 二十四節気・七十二候 第二十候「蚯蚓出」

  3. 二十四節気・七十二候 第十七候「霜止出苗」

  4. 介護,認知症,認知機能低下

    日本人は春が好き

  5. 「立春招福ツアー」

  6. 二十四節気・七十二候 第二十五候「蟷螂生」

  7. 二十四節気・七十二候 第二十九候「菖蒲華」

  8. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。