二十四節気・七十二候 第十六候「葭始生」

からだ暦st ながはしさちこです。

 

2019年4月20日〜4月24日の季節

二十四節気:穀雨

七十二候: 葭始生
(あしはじめてしょうず)

水辺の葦が芽を出し始める

 

暖かくなり
水温も上がるころ。

水辺の葦 (あし) も
育っていくころです。

葦 (あし) は、
中が空洞で軽い上に
丈夫なので
昔は屋根などに使われた
生活に密着した植物でした。

 

旬の食材は、

新ごぼう、鯵

 

 

 この季節の花は

チューリップ。

花言葉は「思いやり」

何かと忙しい時期です。

チューリップを見つけたら
優しい気持ちになれますね。

 

 

暦を意識した生活は
人間の本来の力を取り戻します。
「ボタニカル暦』で現代の生活に
暦を取り入れる方法を学べます。

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第十八候「牡丹華」

  2. 二十四節気・七十二候 第二十九候「菖蒲華」

  3. 七十二候 第九候「啓蟄末候」

  4. 二十四節気・七十二候 第三十三候「鷹乃学習」

  5. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

  6. 二十四節気・七十二候 第十二候「雷乃発声」

  7. 第六候「草木萌動」

  8. 二十四節気・七十二候 第二十六候「腐草為蛍」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。