二十四節気・七十二候 第二十一候「竹笋生」

体暦st ながはしさちこです。

 

2019年5月16日〜20日の季節

二十四節気:立夏

七十二候:竹笋生 
(たけのこしょうず)

たけのこが生えてくるころ

 

 

たけのこは、どんどん上に伸びていく
ことから、
縁起ものとして喜ばれていますね。

硬い土を突き抜けて
顔を出すのですから
「障害を乗り越える力」
をもっているとも
言われます。

 

暦では夏は成長や学習にいい時です。

夏が始まりました。
この夏の成長、変化に向かって

この時期に「たけのこ」を
いただくことは
理にかなっているのです。

目標を思いながら、
是非、美味しくいただきましょう。

 

この季節の植物は

「ひなげし」
どこかで見つけたらきっと
良いことがあります。

 

 

ーーーーーー

暦を意識した生活は
人間の本来の力を取り戻します。
「ボタニカル暦』で現代の生活に
暦を取り入れる方法を学べます。

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

  2. 二十四節気・七十二候 第十九候「鼃始鳴」

  3. うれしい今日にするために3/11

  4. 二十四節気・七十二候 第十二候「雷乃発声」

  5. 二十四節気・七十二候 第十六候「葭始生」

  6. 第六候「草木萌動」

  7. 二十四節気・七十二候 第二十五候「蟷螂生」

  8. 二十四節気・七十二候 第三十三候「鷹乃学習」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。