二十四節気・七十二候 第二十五候「蟷螂生」

体暦st ながはしさちこです。

2019年6月6日〜10日の季節

二十四節気:芒種

七十二候:蟷螂生
(かまきりしょうず)

冬越えをした卵から、カマキリが孵化するころ

 

カマキリは、肉食の虫です。
人間にとっては害虫を食べてくれる
ありがたい生き物です。

堂々とした姿がなぜか格好いいと
感じてしまいます。

 

今の植物は

らっきょう、柘榴(ざくろ)、苗代苺(なめしろいちご)

 

生き物は

鮎(あゆ)、あいなめ、かまきり

 

すっかり夏が感じられますね。

 

家の中も夏仕様にすることで
自然界が、パワーを与えてくれます。

 

 

暦を意識した生活は
人間の本来の力を取り戻します。
「ボタニカル暦』で現代の生活に
暦を取り入れる方法を学べます。

 

 

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第二十二候「蚕起食桑」

  2. 第七候「蟄虫啓戸」

  3. 二十四節気・七十二候 第十三候「玄鳥至」

  4. 七十二候 第九候「啓蟄末候」

  5. 介護,認知症,認知機能低下

    日本人は春が好き

  6. 邪気をためない習慣

  7. どうして「体暦」なのか。

  8. 二十四節気・七十二候 第三十六候「大雨時行」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。