二十四節気・七十二候 第二十八候「乃東枯」

体暦st ながはしさちこです。

2019年6月22日〜26日の季節

二十四節気:夏至

七十二候:乃東枯
(なつかれくさかるる)

夏枯草(うつぼ草)が枯れるころ

 

二十四節気では
「夏至」に入ります。

夏の真っ盛り。
昼間が長い時です。

夏は成長の時、
人も活発になる時なのです。

陰陽の考えでは
陽気のピークです。

一年の中の区切りの時でもあります。
一旦、ここで自分を振り返ってみる。
今年になって出来たこと、頑張ったことを
喜びましょう。

そして、落ち着いていく半年に向かって
計画の立て直しをするといい時期です。

 

七十二節気では「乃東枯」
夏枯草(うつぼ草)の紫色の花が
次々と咲き、枯れていく時期。

花が終わっても花の穂が残り枯れたように
見えるので夏枯草と言われるそうです。

 

旬は、

夏みかん、冬瓜、鮎

冬瓜は、今の旬ですが
冷暗所に保存しておけば
冬まで保つので冬瓜と
呼ばれるようです。

 

体にこもった熱を
発散する力を持っています。

 

暦を意識した生活は人間の本来の力
を取り戻していくのです。。

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第三十六候「大雨時行」

  2. 優しい御神木に会ってきました

  3. 暦と旅のすすめ その2

  4. ラッキーが連続するコツ

  5. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

  6. うれしい今日にするために3/4

  7. 「立春招福ツアー」

  8. 二十四節気・七十二候 第三十五候「土潤溽暑」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。