二十四節気・七十二候 第三十三候「鷹乃学習」

体暦st ながはしさちこです。

2019年7月18日〜7月22日の季節

二十四節気:小暑

七十二候:鷹乃学習
(たかすなわちわざをならう)

鷹のヒナが、飛び方を習い覚えるころ

 

今年生まれた鷹の子が
飛び方を覚えて、空に飛び立つ。

 

まずは巣の中で羽ばたきを繰り返す、
それから近くの枝に飛び移る練習、

そして力強く空に羽ばたいていくのです。

 

人間にとっても夏は
成長の時期。

四季の中でも何かを学ぶ時期
だと言われています。

ずっと気になっていたこと。
始めてみるのもいいですね。

 

旬の食材は
うなぎ、モロヘイヤ。

「土用のうなぎ」で
スーパーに並んでいます。

「土用」とは
四つの季節の間のそれぞれ18日間です。

次の季節の準備をする期間。

うなぎは、厳しい暑さを
乗り越える為に体の準備の
一つなのです。

 

 

 

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第十九候「鼃始鳴」

  2. 二十四節気・七十二候 第二十九候「菖蒲華」

  3. 七十二候,暦,二十四節気

    二十四節気・七十二候 第十五候「虹始見」

  4. 二十四節気・七十二候 第三十四候「桐始結花」

  5. 二十四節気・七十二候 第二十七候「梅子黄」

  6. 暦と旅のすすめ その2

  7. 二十四節気・七十二候 第十三候「玄鳥至」

  8. 二十四節気・七十二候 第十一候「桜始開」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。