二十四節気・七十二候 第三十五候「土潤溽暑」

体暦st ながはしさちこです。

2019年7月28日〜8月1日の季節

二十四節気:大暑

七十二候:土潤溽暑
(つちうるおいてむしあつし)

土が湿気を帯びとても蒸し暑いころ

 

草むらが、強い太陽の光に照されます。
ムッとした気温の中、

青々とした草や葉の、
伸びていく様子、

花の少ない時期ですが、
時折、顔を覗かせる
ハッキリした色に

目を奪われます。

 

一生懸命という言葉が思わず
浮かびます。

 

強い太陽の光を受けて育った、
「枝豆」は今の旬です。
疲労回復の効果があるそうです。

その他、「穴子」

この期間にいただきましょう。

 

 

 

ーーーーー

暦を意識した生活は
人間の本来の力を取り戻します。
「ボタニカル暦』で現代の生活に
暦を取り入れる方法を学べます。

 

 

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第二十三候「紅花栄」

  2. 私の色って?

  3. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

  4. 二十四節気・七十二候 第二十六候「腐草為蛍」

  5. 二十四節気・七十二候 第三十候「半夏生」

  6. うれしい今日にするために3/4

  7. 第七候「蟄虫啓戸」

  8. 七十二候 第八候「桃始笑」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。