二十四節気・七十二候 第三十六候「大雨時行」

体暦st ながはしさちこです。

2019年8月2日〜8月6日の季節

二十四節気:大暑

七十二候:大雨時行
(たいうときどきふる)

大雨が時々降るころ

大雨や夕立のことを
「銀竹」と言うそうです。

激しく降る様子を
そう言い換えたのでしょう。

雨には浄化の作用があるとも
言われています。

うっとおしいと思うのではなく、

「銀竹」を眺めてみる
のもいい時間かもしれませんね。

 

 

今の旬は
太刀魚、スイカ、アワビ。

 

旬の食事は
その時に必要な元気を
くれます。

ーーーーー

暦を意識した生活は
人間の本来の力を取り戻します。
「ボタニカル暦』で現代の生活に
暦を取り入れる方法を学べます。

 

 

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第二十三候「紅花栄」

  2. 二十四節気・七十二候 第二十六候「腐草為蛍」

  3. 七十二候 第八候「桃始笑」

  4. 二十四節気・七十二候 第三十二候「蓮始開」

  5. 邪気をためない習慣

  6. 二十四節気・七十二候 第二十四候「麦秋至」

  7. 七十二候 第九候「啓蟄末候」

  8. 二十四節気・七十二候 第二十七候「梅子黄」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。