第六候「草木萌動」

〈からだ暦〉ながはしさちこです。

2019年3月1〜5日の季節

二十四節気:雨水

七十二候:草木萌動(そうもくめばえいずる)
「草木が目を出し始める頃」

木の芽が膨らんでくる頃です。

 

言葉遊びを大切にしている日本では、

「ふくらむ」という事で
「張る」「春」
縁起がいいと思われていました。

 

お散歩をしながら

つくしんぼを探してみましょう。
きっと良いことがありますね。

旬の食材からには、
その時期の体に必要な
力にあふれています。

今は、

「山椒、蛤、菜の花」

春の訪れを
味わいましょう。

 

関連記事

  1. 二十四節気・七十二候 第二十一候「竹笋生」

  2. 二十四節気・七十二候 霞始靆

  3. 立春まで100日の魔法

  4. 邪気をためない習慣

  5. 二十四節気・七十二候 第二十八候「乃東枯」

  6. ラッキーが連続するコツ

  7. 二十四節気・七十二候 第二十二候「蚕起食桑」

  8. 二十四節気・七十二候 第三十五候「土潤溽暑」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。