第六候「草木萌動」

〈からだ暦〉ながはしさちこです。

2019年3月1〜5日の季節

二十四節気:雨水

七十二候:草木萌動(そうもくめばえいずる)
「草木が目を出し始める頃」

木の芽が膨らんでくる頃です。

 

言葉遊びを大切にしている日本では、

「ふくらむ」という事で
「張る」「春」
縁起がいいと思われていました。

 

お散歩をしながら

つくしんぼを探してみましょう。
きっと良いことがありますね。

旬の食材からには、
その時期の体に必要な
力にあふれています。

今は、

「山椒、蛤、菜の花」

春の訪れを
味わいましょう。

 

関連記事

  1. 春を迎える「立春」の準備をしましょう。

  2. 私の色って?

  3. 介護,認知症,認知機能低下

    日本人は春が好き

  4. 優しい御神木に会ってきました

  5. たんぽぽ,七十二候

    七十二候 第十候「雀始巣」

  6. 二十四節気・七十二候 第三十六候「大雨時行」

  7. うれしい今日にするために3/4

  8. 二十四節気・七十二候 第三十二候「蓮始開」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。