「香りでリラックス」それが逆効果なこともある。

体暦st ながはしさちこです。

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害と体の関係を

治療の経験や学んだことから
私が感じることを
お伝えしていきます。

 

発達障害や敏感な体質の人は
五感が優れています。

それが、よくない方向で
影響することが多いのです。

その一つが「香り」

 

しっかり香水をつけた人の
隣にいるのが辛かったり、

公衆トイレの匂いが
気持ち悪くなるほど気になったり。

 

 

ご家族や周りの人が
いいと思ってしたことが
本人にとっては苦痛になっているかも
しれません。

 

リラックスや気分転換のためのアロマオイル。

「汗をかいたから」とスプレーした消臭剤。

いつもの洗濯で使う柔軟剤。

 

特に科学的に作られた香りは
体が受け付けないことが多いようです。

 

本人の好みで選んであげることが、
本人の心地よさを守って
いくのです。

 

 

 

【痛い心と痛い身体がス〜ッと楽になる!
『ザ!世界仰天ニュース』

出演 アズ直子発達障害講演会】

2019年 9月 7日 (土曜日)⋅
13:30~15:30
参加費:2000円

大田区民プラザ(下丸子駅前)

アズ直子発達障害講演会

 

関連記事

  1. 心地よく1日を始めよう

  2. お肌も敏感だから

  3. 確実に体型を変える2つの習慣

  4. 医療従事者として伝えたいこと

  5. 植物が応援してくれる場所

  6. 自転車でエクササイズの罠

  7. 「おとなしい子」か「暗い子」か。

  8. 心と体が元気になる場所に連れ出そう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。