呼吸でつらさを克服

からだ暦st ながはしさちこです。

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害と体の関係を

治療の経験から
私が感じることを
お伝えしていきます。

 

 

発達障害を抱えている小学生が
来院されることもあります。
体がガチガチです。

体が痛くて来院されるた女性、
お話を聞くと
会社に馴染めなくストレスが
溜まっている方も多いです。

そんな方に共通するのは

呼吸がうまくない。

体を触ろうとすると
呼吸が止まってしまう。

深い呼吸がしずらい。

 

 

呼吸が、順調にできると
血流のバランスが取れます。

全身の細胞に
酸素が行き届きます。

 

でも、やろうするほどできないのが
呼吸の難しいところです。

 

まずは、

息を吐くことを
意識しましょう。

 

「ため息」
「ふ〜」
「ハッ」

気持ちでも
体でも

辛くなったら
息を吐く!

力が抜けて
呼吸のリズムが整います。

 

 

ーーーーーーーー

【痛い心と痛い身体がス〜ッと楽になる!
『ザ!世界仰天ニュース』
出演 アズ直子 発達障害講演会】

2019年 9月 7日 (土曜日)⋅
13:30~15:30 大田区 

大田区民プラザ(下丸子駅前)

アズ直子発達障害講演会

 

 

 

 

関連記事

  1. 発達障害,アスペルガー,ADHD

    気温や気圧が体を攻撃する

  2. スマホ猫背じゃないかも

  3. これってギックリ腰?どうしよう

  4. 「香りでリラックス」それが逆効果なこともある。

  5. 通勤で買い物で美尻をつくる

  6. メルマガ「姿勢から疲れ知らずの体になる習慣」

  7. 発達障害,アスペルガー,ADHD

    体も敏感だからいつも体が痛い。

  8. 介護,情報弱者

    ITを上手く利用する人になろう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。