脱力できないなら

体暦st ながはしさちこです。

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害と体の関係を

治療の経験から
私が感じることを
お伝えしていきます。

 

 

発達障害の体の辛さに
肩こり、姿勢の悪さ

がよく見られます。

 

体が敏感、
気を使うことから

「いつも体に力が入ってしまう。」
のです。

 

そのために
いつも背中が丸くなります。

続けることで
肩が前の方にある姿勢に
なっていきます。

 

 

布団に入ったら
バンザイをすると
自然と体にいい姿勢になります。

そのまま、
深呼吸ができたらベスト。

一日一度でも
肩が楽な時間を作りましょう。

 

 

 

【痛い心と痛い身体がス〜ッと楽になる!
『ザ!世界仰天ニュース』
出演 アズ直子発達障害講演会】

2019年 9月 7日 (土曜日)⋅
13:30~15:30
参加費:2000円

大田区民プラザ(下丸子駅前)

アズ直子発達障害講演会

 

 

関連記事

  1. 「おとなしい子」か「暗い子」か。

  2. 確実に体型を変える2つの習慣

  3. 通勤で買い物で美尻をつくる

  4. 新月,発達障害,敏感体質

    新月のいい事わるい事

  5. 痛みは自分にしかわからない

  6. 呼吸でつらさを克服

  7. 発達障害,アスペルガー,ADHD

    体も敏感だからいつも体が痛い。

  8. お肌も敏感だから

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。