好きな香りが迷惑になってるかも

体こよみすと 永橋幸子です。

発達障害者のサポートをしていることから
接骨院での治療に落ち着いて対応できる場面も増えました。

 

発達障害の特性の一つに

「音や匂いに敏感」
ということがあります。

治療中、隣のベッドで患者さんと施術者が大きな声で喋っていたら
気になって、イライラしてくる。

施術者の服の強い柔軟剤の香りに気分が悪くなる。


リラックスどころではありません。

 

治療の内容も大事ですが、
まずは、心がホッとできる空間を作ってあげる。

それが、大切になるのです。

 

 

ーーーーーー

発達障害や敏感な体の不安を体からサポートしたい。
そのための活動をしています。
発達障害サポーター、接骨院の先生として感じることの
情報発進として無料メールマガジンを配信しています。
心や体を元気にしていく読み物として
どなたにもヒントになると思います。

「心と体の勉強会メールマガジン」
毎朝7時配信 ご登録はこちら↓
http://bit.ly/33eywLB

関連記事

  1. 植物が応援してくれる場所

  2. お母さんこそ、落ち着いて。

  3. 「眠れない」へ体からのアプローチ

  4. マッサージが逆効果にならないように

  5. 新月,発達障害,敏感体質

    新月のいい事わるい事

  6. 「おとなしい子」か「暗い子」か。

  7. お肌も敏感だから

  8. タッチにびっくりしちゃう。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。