マッサージが逆効果にならないように

11月17日に開催した
「治療家のための発達障害勉強会」では
15名の治療家、体のケアをする方などが参加されました。

発達障害の体の特性、辛さについてのアズ直子さんからのお話に
皆さん、真剣にメモを取られていました。

発達障害者には
「接触過敏の人も多い」

治療家なのに、さわれないとは
とても大きな課題です。

・いきなり触らない。
・声をかけながら少しずつ圧を加えていく。
・自分でできる事を指導する。
・治療以前に、安心できる環境を作る。

 

まだまだ、正解はわかりません。
接触過敏といっても一人一人症状は違います。

時間がかかっても、、
発達障害やその傾向を抱える人が
安心して通える場所を提供したい。

 

 
多くの方の経験や知識をいただきながら
一歩一歩、進んでいきたいと思っています。

ーーーーーー

発達障害や敏感な体の不安を体からサポートしたい。
そのための活動をしています。
発達障害サポーター、接骨院の先生として感じることの
情報発進として無料メールマガジンを配信しています。
心や体を元気にしていく読み物として
どなたにもヒントになると思います。

「心と体の勉強会メールマガジン」
毎朝7時配信 ご登録はこちら↓
http://bit.ly/33eywLB

関連記事

  1. 心と体が元気になる場所に連れ出そう

  2. 脱力できないなら

  3. 新月,発達障害,敏感体質

    新月のいい事わるい事

  4. 体も宿題が大事

  5. お母さんこそ、落ち着いて。

  6. メルマガ「姿勢から疲れ知らずの体になる習慣」

  7. ちょっとした言葉が不安の原因に

  8. こよみすと散歩は元気で豊かになる!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。