「おとなしい子」か「暗い子」か。

姿勢の悪さは、内臓の不調や
体の痛みにもつながります。

でも、何より見た目も悪い。

 

うちの娘は、おとなしい子でした。
小学校では教室でずっと本を読んでいる子。

友達をつくろうとも思わない。

親としては心配になります。

 

「暗い」とか「変な子」って思われないか、
いじめにあわないか。

 

姿勢が悪く、下を向いていたら
印象は悪くなリます。

「おとなしい」が「暗い」に変わります。

 

言葉がけや、実際に肩を触って広げたり
日々、気をつかいました。

体が成長する頃に
くせづいたことは

 

意識しない時の体の使い方になります。

 

 

20才をすぎた娘、
友達と楽しく過ごすようになっていますが、

今でも本を読む時間が多いです。
パソコンに集中してる時間も。

 

そんな日常でも、
立ち姿がスッとしているのを見ると、
嫌がられても、注意して良かった!
と思うのです。

 

子供の頃から気をつけることが大事です。

 

ーーーーーーーー

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害の心と体の扱い方について

治療やサポート側の経験から
私が感じることを
お伝えしています。

ーーーーーー

【痛い心と痛い体がス~っと楽になる!アズ直子発達障害講演会】

日時:2019年9月7日(土)13:30~16:00(開場13:00)

場所:大田区民プラザ(下丸子駅前)

参加費:2,000円(税込)事前銀行振込・ペイパル決済

-=-=-=-=-=-

お申し込みはこちら↓

http://bit.ly/kouen0907

-=-=-=-=-=-

発達障害経営者としてテレビ出演、全国での講演会で活躍されている
アズ直子先生をお呼びしての講演会です。

生きづらさを感じている本人、保護者、周りの人の「不安」や「とまどい」が
消えていく、一日になります。

 

講演内容

・発達障害の基礎知識

・発達障害の特性について

・当事者としての体験談

・体の痛みについて

・心の痛みについて

・日常的にできる解決法

・子どものうちからしておいて欲しいこと。

*公演後、質疑応答、サイン会があります。

-=-=-=-=-=-

講演会詳細はこちら↓

https://t.co/OwgGtSlF2n

-=-=-=-=-=-

 

 

関連記事

  1. 姿勢,バランス

    無料ゆがみ診断+バランス調整

  2. 「何だかやる気がしない」

  3. 自転車でエクササイズの罠

  4. 痛みは自分にしかわからない

  5. タッチにびっくりしちゃう。

  6. 発達障害,アスペルガー,ADHD

    気温や気圧が体を攻撃する

  7. これってギックリ腰?どうしよう

  8. 心地よく1日を始めよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。