お母さんこそ、落ち着いて。

体暦st ながはしさちこです。

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害と体の関係を

治療の経験から
私が感じることを
お伝えしていきます。

 

 

「学校に行きたくない」

その言葉に親は心配になります。

「どうしたの?」
「何かあったの?」

聞くのに、何も言ってくれない。

 

 

そして、焦るお母さんは
お子さんの言動一つ一つに
敏感に対応してしまう。

 

 

 

お子さんは、
お母さんがいつもと違うことを
感じます。

「自分のせいでお母さんが
悲しそう、イライラしてる。」

 

 

まずは、お母さんが
深呼吸して、

いつものお母さんに
戻りましょう。

 

どうして学校に行きたくないのか。

焦ってもいいことは、ありません。
本人もわからないのかもしれません。

少しずつ、話を聞いてあげましょう。

 

 

 

 

アズ直子さんのお話を聞くと
お子さんが辛い時
どんな風に言葉をかけてあげたらいいのか。
分かるようになります。

【痛い心と痛い身体がス〜ッと楽になる!
『ザ!世界仰天ニュース』

出演 アズ直子発達障害講演会】

2019年 9月 7日 (土曜日)⋅
13:30~15:30
参加費:2000円

大田区民プラザ(下丸子駅前)

アズ直子発達障害講演会

 

関連記事

  1. 「香りでリラックス」それが逆効果なこともある。

  2. 発達障害,アスペルガー,ADHD

    気温や気圧が体を攻撃する

  3. 「姿勢をよく」じゃわからない!

  4. 脱力できないなら

  5. 確実に体型を変える2つの習慣

  6. 「おとなしい子」か「暗い子」か。

  7. 姿勢,バランス

    無料ゆがみ診断+バランス調整

  8. これってギックリ腰?どうしよう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。