「姿勢をよく」じゃわからない!

体暦st ながはしさちこです。

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害と体の関係を

治療の経験から
私が感じることを
お伝えしていきます。

 

心や体が敏感だと、
常に体が緊張しているために
猫背になりがちです。

家族からみても、まだ子供なのに
背中が曲がってる、首が前に出てる。
心配から
「姿勢を良くして!」
言いがちです。

でも「姿勢を良くするって?」
どうしていいか分からない。

 

「肩を引いて」
「肩を後ろに」

そんな具体的な言葉が良いのです。

肩を引くと自然に姿勢は良くなります。

姿勢が良くなると、
呼吸も深くなり心も落ち着きます。

 

ちょっとした言葉がけが大切です。

 

9月7日の「アズ直子発達障害講演会」
では、そんな具体的なお話を聞くことができます

 

ーーーーー

ザ!世界仰天ニュース出演アズ直子の
【痛い心と痛い体がス〜っと楽になる!発達障害講演会】

2019年 9月 7日 (土曜日)⋅
13:30~16:00
参加費:2000円

大田区民プラザ(下丸子駅前)

アズ直子発達障害講演会

 

 

 

関連記事

  1. こよみすと散歩は元気で豊かになる!

  2. 脱力できないなら

  3. 植物が応援してくれる場所

  4. おこもり期間でも大事にしたい事

  5. 実は、体調不良も多い時期です。

  6. お母さんこそ、落ち着いて。

  7. タッチにびっくりしちゃう。

  8. 体も宿題が大事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。