心も体も敏感だから

発達障害や心の敏感さがあると

体も敏感、
日常の中でも辛い瞬間も多いようです。

 

例えば、
耳も敏感、、、

 

電車の音や
雑踏の人の声、

バスの中で急に泣き出す
赤ちゃんの声。

隣の席の人の
パソコンを打つ音。

 

 

みんなは「ちょっと気になるな」
くらいの音でも

 


「他のことが考えられない。」

やらなくちゃいけないことに
集中できない。」

「この場から逃げたい。」

 

 

 

そんな状態になってしまうことも。

 

音楽をきく目的でなく、 

 

ヘッドホンで耳をふさぐ。

帽子で耳を隠す。

 

そんな工夫が少しは
役に立つのかもしれません。

 

 

9/7アズ直子発達障害講演会では
敏感さ、生きづらさを克服する為の
日々の生活の中での

役立つお話もたくさん聞けます。

大田区教育委員会後援事業
【痛い心と痛い体がス~ッと楽になる!アズ直子発達障害講演会】

日時:2019年9月7日(土)13:30~16:00(開場13:00)
場所:大田区民プラザ(東急多摩川線下丸子駅前)
参加費:2,000円(税込)事前銀行振込・ペイパル決済

-=-=-=-=-=-

お申し込みはこちら↓

http://bit.ly/kouen0907

-=-=-=-=-=-

発達障害経営者としてベストセラー作家であり
テレビ出演、全国の教育・福祉機関や企業からの
講演依頼の絶えないアズ直子さんをお呼びしての講演会です。

アズさんが日々工夫していることを知ることで
発達障害や心や体の敏感さ、生きづらさを感じている本人、
保護者、周りの人の「不安」や「とまどい」が

消えていく、一日になります。

 

講演内容

・発達障害の基礎知識
・発達障害の特性について
・当事者としての体験談
・体の痛みについて
・心の痛みについて
・日常的にできる解決法
・子どものうちからしておいて欲しいこと。

*公演後、質疑応答、サイン会があります。

後援:大田区教育委員会

-=-=-=-=-=-

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. あいまいなルールはダメ。

  2. 何でそんな事言っちゃうの?

  3. 「この子のために」が逆効果?

  4. 「やっぱり行きたくない!」理由

  5. 「分かってるよ」で大きく変わる

  6. 夏休みに気をつけること

  7. ちょっと待ってあげる

  8. 「そんなことない」にも褒めていく

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。