元気で楽な体に

主催した「9/7アズ直子発達障害講演会」が
大盛況の中、無事終りました。

発達障害の心の問題は
様々な媒体で語られています。

今回は、心ではなく体からのアプローチ。

 

発達障害の専門家の講演会は、多く開催されます。

今回は、当事者でありながら社会的に活躍されている
アズ直子先生のお話。

 

 

当事者、保護者、学校や保育園の先生、
福祉関係で発達障害児のサポートをしている方、
そして治療家の方々。

 

様々な立場で発達障害をもつ人を助けてあげたい。
生きづらさを楽にしたい。

そんな思いの方々が200名近く集まってくれました。

 

 

「来て良かった」
「また開催してください」
「もっと発達障害について知りたい」
「不安が楽になった」
「早速、今日わかったことをやってみます」

 

お一人お一人から
嬉しいご感想をいただきました。

 

 

このありがたい機会を
次につなげていきたい、
改めて思います。

 

 

発達障害、生きづらさを
抱えている人が

自分らしく活躍できる社会になるために
治療家、サポーターとして
多くの方の力をいただきながら
一歩一歩、進んで行きたいと思います。

 

 

ご来場くださった皆さま、
講演会開催にお力を貸してくださった皆さま、

本当にありがとうございました。

 

 

関連記事

  1. あいまいなルールはダメ。

  2. 「いったいどっち?」

  3. ちょっと待ってあげる

  4. 何でそんな事言っちゃうの?

  5. 宿題がすすまない理由は机の上かも

  6. 「分かってるよ」で大きく変わる

  7. 「やっぱり行きたくない!」理由

  8. 不安が消えれば大きく変われる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。