何でそんな事言っちゃうの?

発達障害があると
思ったことをそのまま
言葉にしてしまう傾向があります。

 

「その服似合ってないね」
「どうしてそんなに太ってるの」

 

本当の事でも
言われた人は傷つきます。

 

「なんでこの人そんな事言うの?」

 

よっぽど親しい関係でなければ
嫌な人という印象になります。

 

こんな事は言わない方がいい。

 

その「こんな事」のさじ加減が
わかれば、周りも
本人も嫌な結果にならないのです。

 

小さな事から、
気をつけることが
生きづらさを
消していく習慣なのです。

 

それには、
身近な人の力も必要なのです。

 

 

ーーーーーーーー

9月7日(土)に主催します、
アズ直子先生講演会に向けて
発達障害の心と体の扱い方について

治療やサポート側の経験から
私が感じることを
お伝えしています。

ーーーーーー

【痛い心と痛い体がス~ッと楽になる!アズ直子発達障害講演会】

日時:2019年9月7日(土)13:30~16:00(開場13:00)
場所:大田区民プラザ(東急多摩川線下丸子駅前)
参加費:2,000円(税込)事前銀行振込・ペイパル決済

-=-=-=-=-=-

お申し込みはこちら↓

http://bit.ly/kouen0907

-=-=-=-=-=-

発達障害経営者としてテレビ出演、全国での講演会で活躍されている
アズ直子先生をお呼びしての講演会です。

生きづらさを感じている本人、保護者、周りの人の「不安」や「とまどい」が
消えていく、一日になります。

講演内容

・発達障害の基礎知識
・発達障害の特性について
・当事者としての体験談
・体の痛みについて
・心の痛みについて
・日常的にできる解決法

・子どものうちからしておいて欲しいこと。

*公演後、質疑応答、サイン会があります。

後援:大田区教育委員会

-=-=-=-=-=-

講演会詳細はこちら↓

https://t.co/OwgGtSlF2n

-=-=-=-=-=-

 

関連記事

  1. 「そんなことない」にも褒めていく

  2. 「やっぱり行きたくない!」理由

  3. ちょっと待ってあげる

  4. 楽しい旅行もちょっと工夫を

  5. あいまいなルールはダメ。

  6. ザ!世界仰天ニュースにご出演

  7. 「いったいどっち?」

  8. 「分かってるよ」で大きく変わる

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。