十三夜で粋な人になる

2020年の10月29日は十三夜です。
十五夜にお月様を眺める方は多いでしょう。

でも、実は「十三夜」も大切です。

平安時代の貴族の楽しみから始まった風習。
「十五夜」だけを楽しむのは
今で言う、「ダサい」。
十五夜と十三夜を楽しむのが「粋」と
思われていたそうです。


十五夜だけを眺めるのは「片目月」。
縁起が良くないとも言われていたようです。

「満月」はまん丸で綺麗だけれども
あっという間に欠け始めてしまう。

それに対して、
もうすぐ、まん丸になる「十三夜の月」に
情緒を感じていた。
日本人の繊細な心が感じられます。

「十五夜」では、稲の豊作を感謝するのに対し、

「十三夜」は栗や豆の収穫を感謝します。
そのために「栗名月」「豆名月」とも呼ばれます。

「十三夜」は、お団子を13個お供えします。

今夜もお月様を眺めて日頃の感謝をしましょうね。

2021年版、携帯サイズの暦の
販売を開始しました。
月の満ち欠け、季節の行事、
神社の神事など暦生活を
楽しめます。
数量限定、特典付きです。

https://sachiyose.ocnk.net/product/171

関連記事

体暦からのおすすめ