開運虎ノ門散歩 その1

こよみすと ®︎としての新企画。

ビジネスの中心街という場所にこそ
歴史と信仰が深く残っている事を
体感していただく企画です。

暦と旅の専門家として
暦を使って運気を上げていく開運散歩ツアーの一つ。
日本の経済を動かしている虎ノ門で
金運・財運・仕事運アップできそうな2時間なのです。

3つのポイントを巡る2時間のツアー。

今日はその一つをご紹介。

「虎ノ門金刀比羅宮」

虎ノ門タワーを始め高層ビルに囲まれた中に鎮座しています。
香川県にある金刀比羅宮の御分霊を勧請された、
江戸時代から鎮座する由緒ある神社です。
五穀豊穣・殖産興業・招福除災と伝えられていますが、
この場所を守り続けてくださっていると思うと
大きな力を感じる神様です。

日中、ライトアップされる日没後、
いつ訪れても参拝者が絶えません。

近隣のビジネスパーソンが、
ランチの行き帰りに立ち寄る姿を目にすると
世代を問わず、大切にされている事が感じられるのです。

歴史と近代化の共存、Tokyo独特の風景です。


この神社の見所の一つが
銅でできた鳥居です。

四神相応と言われ
それぞれの方位を守る聖獣と言われる
4つの伝説上の神様が、鳥居にいらっしゃるのです。

東を守る「青龍」
南を守る「朱雀」
西を守る「白虎」
北を守る「玄武」

この4つの神様を見られただけで開運しそうです。


また、この神社には「天狗」伝説があり
江戸時代、庶民のあいだで「虎ノ門の金刀比羅宮は霊験あらたかなので、天狗がいらっしゃる」と言われていたそうです。

また、東京大震災での火災の時に、消火につとめていた宮司と職員が空を見上げると、御本殿の真上に大きな雲があり、雲の上から銀髪でヒゲをたくわえた翁が大きな葉で火の粉を払う姿を見たとも言われています。

金刀比羅宮では、円に金の紋、そして天狗の葉団扇が紋に使われています。

境内のいろんな場所で見られます

社殿は、東京都選定歴史的建造物に指定されています。
日本古来の建築様式で建てられています。

金の文字の羅列、、縁起が良い!

暦で読み解くと、他にも境内に開運ポイントがたくさんあります。

東京の中心ならではの
不思議な風景を感じてもらえることと思います。

ツアーにお連れできる日を楽しみにしています。

「金運上昇アドバイスシート2021」
人数限定の特典は、あと1名様です。
経済的な不安のない1年を過ごすための1冊です。

https://sachiyose.ocnk.net/product/168

関連記事