靴で起った怖〜い実話

半年間、近所への開運散歩をしています。
開運散歩なので次々と良いことが起きています。
休んだら、元の自分に戻ってしまうのではと
1日も休めない状況になっています。

トレーニングウェアに着替える訳でもなく
ボ〜と歩いている気軽な散歩ですが、

靴だけは、しっかり選んでいます。

例え30分でも
靴が体に与える影響は大きいのです。

私は東京、大田区で鍼灸接骨院を営んでいます。

腰痛や肩こりの患者様もいますが、
スポーツなどでのケガで飛び込んで来る患者様も多いです。

若いビジネススーツの男性が
「急に膝が痛くて、、、」と
眉間にシワを寄せて辛そうな様子で入ってきました。

「何か、運動とか山を登ったり、
すごい重い物を運んだりとかしました?」

「会社にいってるだけなんで、特に、、」


いろいろと問診をしていると、
「そういえば、最近健康のために出社時一駅分歩いてます。」

「もしかして、、、」

受付に置かれた、患者様の履いてきた靴を見ると
革製のいわゆるビジネスシューズです。

「もしかして、こちらの靴で歩いてますか?」

「はい、履き慣れてるし、サイズもあってると思いますが、、」

革靴は、底の柔軟性がないために
足の裏が常に緊張した状態になります。

また、
底がフラットな形は、腰に負担がかかり、
腰痛・膝痛を起こしやすいのです。

治療をしながら、そんな説明をしていたら
その男性は、表情も柔らかくなってきました。

「歩くことはとてもいいので、
会社で履き替えるといいですよ。」

「そうします。ありがとうございます。」
そういって笑顔で帰って行かれました。

他にも
スリッパのような薄いサンダルや
良く見かけるようなスニーカーで
治療が必要なほどの腰痛になる事もあります。
姿勢や体の左右のバランスを悪くしてしまう事もあります。


私は、靴の専門家ではないですが、
その靴によって、
体の筋肉のどこに負担がかかるのか、
つまりバランスの良い姿勢を保てるのか、
は、わかります。

ジョギングシューズでも
足の大きさにあうだけでなく、

両足履いて立った時に
全身が楽かどうか、
気にしてみてくださいね。

踵が適度に高い物を選びましょう。


逆をいえば、
靴を変える事によって
姿勢や体のバランスを良くする事も
ありえる訳です。

多くのお申し込みをいただいています、
<3kgやせて運も良くなる散歩の神様>
オンライン講座

では、
散歩、お買い物、ウォーキング、
普通に歩く時に、ちょっと意識するだけで
体のバランスや姿勢を良くするコツも
お教えします。

開運散歩を半年続けて実感したことをプロとしてお伝えします。

関連記事

体暦からのおすすめ