七十二候・天地始粛

処暑次候
第四十一候 天地始粛
てんちはじめてさむし
2020/8/28〜9/1

七十二候は、日本の風土にあった豊かさを叶えるための暦です。
1年を72の季節に分けた、微妙な季節の変化を楽しみましょう。

「天地始粛」
ようやく暑さが鎮まる頃。

朝夕が涼しくなり、
ホッとしますが、
夏の疲れが出てきやすい時でもあります。

旬を楽しみ、
ゆったりした気持ちで過ごすのをお勧めします。

この5日間の旬。
元気と豊かさを叶えてくれます。

<植物>
ぶどう・鳳仙花(ほうせんか)

<魚>
ぐち

鳳仙花

鳳仙花は「爪紅」とも呼ばれ、
昔、爪を染めたと言われています。
(花言葉はせっかち・短気・心を開く)

この時期には様々な品種のぶどうが楽しめます。
果実、ワイン、油などにも使われますね。
(花言葉は陶酔・信頼・思いやり)

8月31日は
「二百十日」。

立春から数えて210日目の事です。
古来、この日に暴風雨がくると
悩まされてきました。
実際に台風が多くなるタイミングです。

対策は早めに行いましょう。

私が半年間続けて変わった事、わかった事、
プロとしてお伝えします。
ご近所へのお散歩で体も運気も良くする講座です。

すぐに開運散歩をしたくなるお話です。

関連記事

体暦からのおすすめ