七十二候・土潤溽暑

大暑次候
第三十五候 土潤溽暑
つちうるおいてむしあつし
2020/7/27〜8/1

七十二候は

日本の風土にあった豊かさを叶えるための暦です。
1年を72の季節に分けた、微妙な季節の変化を楽しみましょう。

大暑次候 第三十五候

土潤溽暑(つちうるおいてむしあつし)
土が湿気を帯びとても蒸し暑い
2020/7/27~8/1

どんどん成長した草むらが
強い日差しによって
むせるような熱気。

「草熱れ(くさいきれ)」
と表現されます。

夏の暑さは
昔から厳しいと感じられてきたのですね、

そのために

打ち水、風鈴、すだれ、竹団扇、スイカなど
工夫がされてきたのですね。

この5日間の旬は、

枝豆、
穴子(あなご)、
向日葵(ひまわり)

食べる、目にする事で
心地よさ、豊かさを
もたらしてくれます。

関連記事

体暦からのおすすめ